Click for Bangkok, Thailand Forecast

準備   
日 程 : 2005年12月29日〜2006年1月4日
航空券 : 関西空港-バンコク-プーケット-バンコク-関西空港
       JAL前売り悟空21
ホテル : プーケット チェディプーケット ヒルサイドコテージ ホテルトラベル ドットコムで予約
        バンコク  フォーシーズンズバンコク スーぺリア  JHCで予約
送迎手配: 某社
SPA予約: Avenu タイ

バンコクまでの航空券は330日前に予約をしたのですが、プーケットに行くのを決めたのは9月。
既にバンコク−プーケット便は満席が多く、乗り継ぎの悪いバンコク到着3時間後の便しかとれず。
ホテルも満室のところが多く、第一希望の「静かなビーチ沿い」で空室があったのがチェディでした。
バンコクは3泊しかないので、移動の便利な所ということでフォーシーズンズに。

12/29   
通勤時間と同じ時間に自宅出発。
1週間前からひいていた風邪が前日からひどくなり、マスク必須、微熱あり、鼻水ずるずる状態で出発。
関空は空いている北ウィング出国ゲートからとっとと出国して出発までラウンジで休憩。
ラウンジは家族連れで賑わってて、託児所状態。おにぎりの争奪戦が行われていた。さすが大阪。

関西空港からバンコクはJALとタイ航空の共同運行便で、今回はタイ航空の機材。
以前乗って狭かったので期待していなかったのですが、シートピッチが広くなってるではないか! 
JALよりいい! 機内食もおいしく、鼻水たらしつつ約6時間でバンコクへ。

機内食のチキン

着陸前の和菓子 おいしかった♪

15:30にバンコクのドムアン空港到着。プーケットへの便は18:20発です。
暇なので食事。お店が1つしかなく、フライドライスとカレーを食べたけど、お味は・・・・
新空港ではレストランの充実をお願いしたい!

右はプーケットへのTGの国内線での機内食。海老はぷりぷりでしたが、こちらもお味は…
ドムアン空港は滑走路混みこみで、40分遅れで出発。プーケット到着は21時過ぎ。
入国審査は写真撮影があるのでめちゃくちゃ時間がかかったよ〜
なんだかんだでホテルについてのは22時前でした。

ホテルはランカウイのダタイと同じGHMグループなので雰囲気は似ていますが
こっちの方がカジュアルな感じ。値段も倍違うしね。
建ってからかなり年月経ているので少し古い感じはします。
部屋はシャワーのみ。しかも途中から水になった…
風邪で頭がぼ〜としてるので修理お願いの電話する気力もなく、水に打たれ続ける。悲しい。

キャノピー付のベッドはキングサイズ
天井にファンがついてます
ベッドサイドはオリエンタル風
洗面台はシングルでゆったりサイズ
一人が充分寝れる大きなソファ
毎日クッキーが入れられるBOX
ダタイではここにフルーツが入ってたな
ティーサービスのセット
ハーブティーが充実していました
アメニティに爪切りやハサミも
珍しいですよね
洗面台に置かれたジャスミンが
いい香り〜
CHEDIのネーム入りのお水


indexへもどる

2day






inserted by FC2 system